簡単 薄毛 対策

恥をかかないための最低限の薄毛対策知識

髪の毛の悩みを抱えるようになったら、早めに薄毛対策を始める必要があります。

 

薄毛というのは、放っておいて改善するものではないのです。

 

自然に増えるだろうと思っていると、あっという間に髪の毛の薄い範囲が広がってしまいます。

 

早い段階で薄毛対策に力を入れるようにしていれば、薄毛の進行を食い止めることが可能なのです。

 

 

 

薄毛対策というと、専門のクリニックに行かなければならないと思われがちです。

 

しかし、実は自分でできる方法もあります。

 

市販されている育毛剤でも、正しく使用することができれば効果が得られるのです。

 

ただし、さまざまな育毛剤が販売されているため、安易な使用は好ましくありません。

 

複数の商品を比較し、自分の体質に合ったものを見つけることが、薄毛対策を成功させる秘訣です。

 

30歳を超えたころから始めた薄毛対策について

私は元々髪の毛の量は多く、しかも天然パーマの剛毛なので、若い頃は髪の毛の量が多い(+天然パーマ)はむしろコンプレックスでした。

 

 

私の友人は、人によっては20代前半から半ばで薄毛に悩む人も多かったのですが、私自身はそのような事はありませんでした。

 

 

しかし、30歳を超えたあたりから、薄毛というか、髪にボリュームがなくなってきたのを感じ始めました。

 

 

 

髪にボリュームがなくなってきたことから、私は薄毛対策として、「ボリュームアップシャンプー」等という類のシャンプーを試すようになりました。

 

 

しかし、効果は感じられませんでした。

 

 

加えて、若白髪がかなり多くなってきて、ますます見た目が薄毛っぽく感じるようになってきました。

 

 

 

今ではシャンプーは「ボリュームアップシャンプー」から、臭い、汗、脂を落とすタイプのシャンプーに変えています。

 

 

薄毛よりむしろそちらの方が気になるようになったからです。

 

 

 

薄毛は遺伝や体質によると思うので、シャンプーを変える程度ではそんなに効果は期待できないと思います。

 

 

それより、育毛トニックなどと色々組み合わせた方が薄毛対策としては効果があるのではないかと思います。

 

 

 

また、私は薄毛よりむしろ、若白髪の量が多くなってきたことの方が悩みの種になってきたので、白髪染めを始めようかと思っています。

 

 

案外、白髪が多い=薄い、ボリュームが少ないように感じる、というところも多いと思いますので、そう言った点からの方法もあるのではないでしょうか。

 

 

こめかみ 髪 薄い 対策   はげ 薄毛 病院   頭 てっぺん はげ 対策   薄毛 対策 20 代   分け目ハゲ 男 対策   つむじ 薄い 対策   生え際 ハゲ 治る   頭 てっぺん 薄い 対策   髪 ボリューム 減った 男 対策